ハロウィンの衣装は回りと差をつけたい

着てみたかった衣装をぜひハロウィンで

昨今では海外のお祭りが日本でも広まり始めているように思います。
その代表格が10月31日に行われるハロウィンです。
本来なら魔女やお化けなどの仮装をして、子供達が近くの家を1軒ずつ訪ねてお菓子をもらうというお祭りなのですが、日本では少し違っているように感じられます。
大きく違うところは、その衣装の感覚です。
本場では魔女、お化け、ドラキュラなど少し怖いなと感じるものが主流となっていますが、日本ではなんでも有りな風潮となっているのです。
例えるとするなれば、アニメやゲームのコスプレでもいいでしょう。
つまりは普段着ない、自分の着たい衣装を着る日という感覚になっているのです。

それでは本来の祭りの意味がなくなっているし、ハロウィンである必要性が無いのではないかとお思いでしょう。

しかし、こう大々的にこの日は仮装できる日ですと称することで、普段特殊な衣装に興味がない人でもこの日くらいはという感じで衣装を装着する人が増えるのです。
仮装をするイコール祭りに参加することにほぼ確定となりますので、祭り参加者が増えハロウィンは益々知名度を増していくことになにます。
普段なら絶対に身に付けない衣装というものは、一度付けると違う自分になったような、新しい自分を見つけることが出来たような不思議な楽しい気持ちになることが出来ます。
ですので、一度祭りに参加するとその感覚が忘れらずまた参加するということになるのです。
ハロウィンでの仮装は自分の殻を破るチャンスになるかもしれませんね。

Copyright 2017 ハロウィンの衣装は回りと差をつけたい All Rights Reserved.