ハロウィンの衣装は回りと差をつけたい

ハロウィンの衣装で死神をやりました!

ハロウィンとはご存じかと思いますが、ヨーロッパに由来する多神教の祭典であり、それがアメリカに広まり非宗教的大衆文化として溶け込み、近年では日本でも行われるようになった、毎年の十月末に行われるお祭りです。
ハロウィンが来るごとに、毎年、様々なお化けや怪物に変装した子どもたちの衣装が華やかで楽しい気持ちになれます。
今では、若い奴らよ、がんばれよ、と応援する側になりましたが、昔はハロウィンで私もお化けの衣装を来てお菓子を貰っていました。
ハロウィンの季節が来るたびに、私は若き日の自分のお化け姿を思い出します。

私が今よりずっと若い頃、私はハロウィンになるとお化けの衣装を好んでいましたが、中でも思い出に強く残っている衣装がありました。
中学生の二年か三年の頃だったと思いますが、死神の恰好をしたことがありました。
デパートで売っている何てことない衣装のセットだったのですが、全身が黒いローブで覆われ、鬼のような形相のお化けのお面、それと手元にはおもちゃの鎌にランタン、と死神の恰好をキメました。
この死神の衣装が、おまえにとてもよく似合っている、という友人たちからコメントを頂き、どういう意味だろうか、と少し考えてしまいましたが、自分なりにも似合っている衣装だと思ったのでとりあえず嬉しかった、という記憶があります。
友人たちもそれぞれ性格に合ったような衣装でした。
ジャックランタンに扮したかぼちゃのお化けとか、フランケンシュタインとか、バンパイアとか、おまえそれ、とてもよく似合っているよ、と言い合ったのを覚えています。
今の子どもたちも、そんなふうに言い合って、毎年のハロウィンの衣装を楽しんでいるのでしょうか。ハロウィンの衣装は思い出作りにはもってこいです。

【参考】

Copyright 2017 ハロウィンの衣装は回りと差をつけたい All Rights Reserved.