ハロウィンの衣装は回りと差をつけたい

ハロウィンの衣装は回りと差をつけたい

ハロウィンの衣装は、回りと差をつけよう

ハロウィンは今や日本でもメジャーになり、時期になるとさまざまな扮装をした人が、普通に街へ出ているのを見ます。
それをみると、カボチャのデザインの小物とか、魔女っこふうの三角帽子、アニメのキャラクターなど、かわいらしいものが多いです。
最近ではコスプレ用の衣装を取り扱う通販サイトなども増え、ネットで簡単に購入できるのです。
しかも値段も手頃なので、一日だけのお祭り用に買う人が多いのでしょう。
子どもさんがみんなでコスプレをするという幼稚園もあるようで、幼い子が魔女っこの格好をしているのはとてもかわいいものです。
会社やサークルの仲間で、扮装を楽しむという日本人も多いことでしょう。
けれど、毎年やっていると、ありきたりの格好が飽きて来てしまった、ということはないでしょうか?このお祭りが日本に定着してかなり経ちますから、そろそろイベント事もマンネリ化してしまっているのではないでしょうか。そこで、もっと刺激的な扮装をしてみましょう。
昔の海外の写真を見ると、かなりエキセントリックでユニークな扮装をしています。
これを参考に、ひと味違ったパーティーを楽しんでみませんか。

たとえば、正装をしたカップルが、頭にだけ化け物のかぶりものをかぶった写真がありました。
首から下は紳士淑女なのに、頭部だけが不気味というアンバランスさがとてもおしゃれで、どこか品のある扮装になっています。
また、中世ヨーロッパの農民風の扮装をして、顔に黒いマスクをつけた写真は、雰囲気があってすばらしいです。
双子の女性が、体の中央で服を白と黒に塗り分け、二人で並んでいる写真などもありました。
これはなんだか神秘的で、ファッショナブルな扮装だと思います。
全身に、蜘蛛の巣の模様をあしらった白いタイツを身にまとっている女性の扮装は、ちょっとセクシーでかっこよさがありました。
昔の人たちもあれこれと知恵を絞って、お祭りを楽しんでいたようです。
見習って、もっと扮装を楽しんでしまいましょう。

Copyright 2018 ハロウィンの衣装は回りと差をつけたい All Rights Reserved.